ダイエットには欠かせない、脂肪を燃やしてくれる有酸素運動。
ジョギングやウォーキングなど手軽に出来るものも多いので、毎日の日課にしているという方も多いのではないでしょうか。

都合いいかもしれないけれど、どうせ毎日頑張って有酸素運動をするなら、同じ運動をしてより効果が高くなる時間帯や条件の時にしたいですよね。

有酸素運動で効率良く効果を出す、そんな条件って、あるんでしょうか。

食前?食後?

「有酸素運動は、お腹が空いている食事前にやると脂肪が燃えやすく、食後にやると筋肉がつきやすい」という話、耳にしたことはありませんか。

もし、この説が正しいとすれば、ダイエットをしている時には、脂肪を燃えやすくしてくれる食事前の有酸素運動が良い、ということになります。

ただ、この「食事前の運動は脂肪燃焼に・食事後の運動は筋肉UPに効く」という説については賛否両論あるんですよね。
どうも有酸素運動で効率効果を出すための時間帯や条件については、まだはっきりとした科学的根拠が見つかっていないというのが実情のようです。

専門家のなかでも、「有酸素運動は、空腹時に行うと、より脂肪燃焼率が良くなる」という意見もあれば、「いつやっても効果はあまり変わらない」という意見もあり、見解が割れています。

ただ、プロのアスリートやボディービルダーの中には、目的によってトレーニングを行うタイミングを食前・食後で使い分けている方も少なからずいるようです。

空腹時に運動するとどうなる?

「食事前に有酸素運動をやると脂肪が燃えやすい」と言われるのには、次のような理由があります。

お腹が空いている時には、血液中に血糖というエネルギーの元が少なくなっています。そこで、運動で消費するエネルギーを、体に溜め込んだ脂肪を燃焼させることで補おうとするのです。

だから、脂肪が燃えやすくなるのだ、という考え方なのですね。

また、運動の後に食事をして体内に入るエネルギーは、まず、食事の前に運動して減ってしまった分を補うために使われますから、脂肪に蓄えられる暇がない、イコール、脂肪になりにくいということなんです。

ただ、プロのアスリートなどが本気のトレーニングで有酸素運動を行う場合には、体が脂肪を燃やすだけでは足りなくなって、減らしたくない筋肉からもエネルギーを得ようとします。

そうすると、落としたくない筋肉量まで落としてしまう可能性もあるそうです。

筋肉は、基礎代謝を増やしてくれますし、体を支えるための大切なものです。
ウォーキング程度なら影響はなさそうですが、食事前の有酸素運動をしている人は、やり過ぎには注意した方がいいかもしれません。

自分の好きな時にやるのが一番?

このように「食事前の有酸素運動が脂肪燃焼には効果的」という意見がある一方で、「いつやっても脂肪が燃焼する量には変わりない」という意見もあります。

お腹が空いているタイミングで運動すると、しっかり栄養が体内に行き渡っている食後の運動よりもどうしてもパフォーマンスが落ちてしまう、というのも事実です。

朝ごはん前、起きてすぐお腹が空いたままの状態で有酸素運動、というとダイエットの効果が高そうな気もしてしまいますが、朝が苦手な人には苦痛なものになってしまうかもしれません。

一番いいタイミングは「自分がやりたい時にやる」ことなのかもしれません。